スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大腸内視鏡検査

~2014.4.10~

ご訪問ありがとうございます♡


今日は大腸カメラの検査のため

午前6時半に吐き気止めを飲み

午前7時から

下剤(ムーベン)を1L飲み

腸を洗い流します


只でさえ下痢してるのに

下痢させられるってむごいです

500ml 飲んだ頃に吐きました

辛かったよ~


午後からカメラ

辛いというのは聞いていたが

想像以上

痛いのなんの( ;∀;)


腸のなかはというと

小さな潰瘍らしきものが1つあっただけで

あとは赤くなってるところがあるけれど

綺麗なものでした


潰瘍の生検はもちろん

赤くなってる数ヵ所も生検してもらってます

生検の結果は1週間かかるけれど

一通り診てもらった感じでは

昨日、消化器内科の先生が言ってあった

タケプロン(胃薬)が原因のようです

というわけで、タケプロンを中止して

下痢が止まればタケプロンが原因だけど

それでも、止まらなければ生検の結果次第ですね


食事はまた、お粥です( ;∀;)


そぅでした

もぅひとつ原因不明なことが

今朝も熱が38度6分あり

検査は続行だったけれど

19時ごろも37度7分

ロキソニン飲んでるので下がるけれど

次、37度5分を越えたら

2ヶ所からの採血だと言われてます

2ヶ所からということなので

両腕、脚と腕という風に採血したいらしいけれど

左は術側だし脚は痛いからと

看護師さんが片腕で場所を変えて

採るように考えてくれてます


看護師さんの配慮は他にもあって

食べれそうなもので食べてもいいもので

メニューを考えてくれるんです

また、この4月で異動になった看護師さんや

最近、会ってなかった看護師さんが

私が入院してることを知るなり

顔を出してくれるんです


CVポートの手術のときに出頭医だったI先生も

顔をだしにはこられなかったけど

『しいなさん入院してるんだ』って

言ってあったらしく

ナースステーションでは

なぜ?このI先生は、しいなさんを

知ってるのだろう?となったそうです(笑)

手術してもらったその時だけだったけど

覚えてもらってて

ありがたいです


病院のスタッフの皆さま

今回もわがままな患者ですが

よろしくお願いします



引き続き、熱と腸の具合と

更新していきます



頑張れ~の応援
ポチっと↓↓お願いします。。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

れんかちゃん、検査お疲れ様でしたぁ〜
( ´ ▽ ` )ノ
辛かったね・・・。
タケプロンの副作用だけが原因だといいね!
早く快方に向かい、美味しいものが食べられます様に♡
熱も下がるといいね。

Re: タイトルなし

リラぱんださま

検査疲れましたよ~
リラぱんださんもお仕事くたくたでしょう?
お疲れさまです

早く美味しいものが食べたいです
会社の上司に
退院したら『肉がたべたい』と言ってあります
牛肉だそうです(笑)楽しみですね~

熱はずっとはないんです、検温に来ると有るんです
不思議なんです
プロフィール

しいな れんか

Author:しいな れんか
2012年5月半ば
がん告知
【術前化学療法】
2012年5月末~
EC×4回(3週間おき)
【転院】
2012年9月~
ドセタキセル×4回(3週間おき)
【手術】
2012年11月末
同時再建術(エキスパンダー)
【術後化学療法】
2012年12月~
UFT×56日内服
タスオミン×56日内服
+ゾラデックス×3回(4週間おき)
+ハーセプチン(3週間おき)
【リニアックのため化学療法中止】
2013年2月
放射線2回した後、再発が分かった。
【再術前化学療法】
2013年2月~
FEC×2回+ハーセプチン(3週間おき)
【2度目の手術】
2013年4月
局所手術
【再術後化学療法】
ゼローダ×14日+ハーセプチン(1週間おき)
【再リニアックのため化学療法中止】
2013年5月
放射線のためCT、肺転移あり
【再び化学療法】
2013年5月~
(パクリタキセル+カルボプラチン)×5回(3週間おき)
+ハーセプチン(1週間おき)
【再転院】
2013年9月~
(ドセタキセル+カルボプラチン
+ハーセプチン)×2回(3週間おき)
2013年10月のCT検査の結果
増悪のため
2014年から新薬使用
(パージェタ+ハーセプチン)×2回
+パクリタキセル(1週間おき)
2014年1月
骨シンチで胸骨転移が確定
ゾメタ使用
2014年2月末のCT結果
左右の肺・・増悪(3cmほど)
胸骨・・増悪
肝臓転移・・(4cmほど)
左鎖骨上窩リンパ節の腫大
パージェタ+ハーセプ+パクリタキセル中止
2014年3月初め
タイケルブ+ゼローダ
同時に
【免疫療法】
ハイパーサーミア(温熱療法)始める
タイケルブ+ゼローダは副作用が強く
1クールもしないまま中止
2014年4月初め
タイケルブ+ゼローダの副作用が
1ヶ月も続き入院

現在に至る

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
来訪者さま
ありがとうございます
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
QRコード
QR
新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。